名古屋大学 大学院環境学研究科 都市環境学専攻 建築学系 名古屋大学 工学部 社会環境工学科 建築学コース NU ARCHITECTURE
English
Home教育(学部・大学院) > 大学院教育
大学院教育
環境学研究科
建築学系の教育目標

建築および都市における施設・環境の計画・設計、生産および保全のための学術理論・方法論・応用について総合的に研究・教育を行うことを目的としています。

デザイン学、施設計画学、環境・設備工学、構造・材料工学、生産技術の個別専門領域の基幹的研究・教育に加えて、情報化や先端技術の発展による工学の進展、成熟社会への移行など、近年および将来における著しい情勢変化に対応するために、都市環境設計工学、地域防災安全工学などの新たな領域にも対応を広げ、広域的・先端的な研究・教育を行っています。

カリキュラム

科目区分

体系理解科目 環境学に関する横断的な講義、演習
専門科目 Ⅰ類(講義)、Ⅱ類(セミナー)、Ⅲ類(実験・演習)
他専攻等科目 (他研究科,他大学大学院)

博士課程前期課程(修士)の学位と修了要件

シラバス

只今作成中です。



一級建築士受験資格に必要な実務経験

建築学系では、インターンシップおよびインターンシップ関連科目を履修すれば、実務経験1年(博士前期課程)または実務経験2年(博士前期課程+博士後期課程)が認められます。

インターンシップとは

講義、演習等で学んだ内容を活かして、建築士事務所等、実務経験者の指導の下で実務を体験しながら、現場に即した知識や技術、職業倫理を身に付ける実習。夏休み等に建築士事務所等に出向き、実習する形が一般的です。

インターンシップ関連科目